スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情(産経新聞)

 ■普天間問題での窮地あらわ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題に関し、鳩山由紀夫首相は21日の党首討論で、自らが内外に宣言してきた「5月末の決着」になお意欲を見せた。しかし、首相腹案の「本命」とみられた徳之島案は、地元町長から門前払いを受けた。追い込まれた首相は党首討論で思わず本音を漏らした。「私は愚かな首相かもしれません」-。

 21日朝、首相公邸を出た首相は記者団に、「今日は大変いい天気だ」と晴れ晴れとした様子で語った。続けて、普天間問題を強く意識し、「今、大変厳しい天気かもしれないが、必ず5月末には“五月晴れ”にしないといけない」と決意を示してみせた。

 もっとも、事態は五月晴れどころか土砂降りに近いといえる。14日付の米紙ワシントン・ポストは、普天間問題を解決できない首相について、「哀れでますます愚かな日本の首相」と皮肉った。21日の党首討論では、自民党の谷垣禎一総裁が記事を持ち出し「日本国総理大臣に対する暴言だ」と首相の見解をただした。

 ところが首相は「確かにワシントン・ポストの言うように…」と、酷評記事を自ら追認してしまった。これには、会場の参院第1委員会室に陣取った自民党議員らはあきれ顔で、谷垣氏も「何ですかそれは…」と絶句気味だった。

 平野博文官房長官は記者会見で「首相自身の謙虚さの表れ」と取り繕ったが、政府高官は「あれはちょっとよくないな」と困惑の表情を見せた。

 党首討論で首相は、普天間飛行場の「県外」移設への意欲も重ねて強調した。本命は鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊の移設案とされるが、この案は20日、地元の3町長に明確な「NO」を突きつけられた。滝野欣弥官房副長官が町長らに平野官房長官との面会を打診したが拒否された。首相にとって深刻なのは、この動きについて、首相自身は事前に全く相談されていなかったという事実だ。

 わずか50分間ほどの党首討論の時間中、民主党議員席では居眠りしていたり、うつむいてずっと携帯電話をいじったりしている議員の姿も見られた。図らずも首相の求心力の低下を象徴する党首討論となった。

 自民党の石破茂政調会長は21日の記者会見で鳩山政権の現状をこう表現した。

 「官邸崩壊と言っても過言でない」

<報国寺>青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)
午後に離党届提出=自民・舛添氏(時事通信)
シルク博物館でペルシャ絨毯展、イラン国外で初展示品も(産経新聞)
事業仕分け 第2弾スタート 47法人を精査(毎日新聞)
<プラスチック>強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)

<口蹄疫>さらに6頭に感染の疑い 宮崎(毎日新聞)

 宮崎県都農町の肉用和牛繁殖農家で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いが強い母牛3頭が見つかった問題で農林水産省と宮崎県は21日、この農家から南に約3.4キロ離れた川南町の畜産農家の乳牛と和牛6頭も感染の疑いが強いと発表した。感染が疑われる県内の牛は9頭になった。

 酪農・肉用牛の複合農家で、乳牛37頭、黒毛和牛、交雑種各14頭の計65頭を飼育している。県によると20日朝、獣医師を通じて宮崎家畜保健衛生所に、都農町の事例と同じように6頭がよだれやかいようの症状を示していると通報があり、動物衛生研究所での検査の結果、感染の疑いを確認した。県は65頭すべてを殺処分し、消毒などの防疫措置を取り、移動・搬出制限区域も設定する予定。【石田宗久】

【関連ニュース】
<関連記事>口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省
<関連記事>蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
<関連記事>わかる:宮崎・牛口蹄疫疑い 風評被害防止に懸命 産出額全国3位の畜産県
<関連記事>宮崎・口蹄疫疑い:半径10キロを移動制限 農水省と宮崎県 国産牛と豚の輸出停止も
<関連記事>ニュースな言葉:口蹄疫

「100%頑張っている」=夢追う女性にもエール-山崎さん、宇宙基地で会見(時事通信)
追突事故で女性死亡、酒気帯び容疑で男逮捕(産経新聞)
求む先生、競走率高い県で1次突破なら筆記免除(読売新聞)
<コウノトリ>野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
米大統領「5月末決着」厳しく迫る…非公式会談(読売新聞)

<高崎自然動物園>名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)

 大分市の高崎山自然動物園で17日、今年最初のニホンザルの赤ちゃん「クロマグロ」(雌)が生まれた。スタッフは「元気に育って子供を産んでね」と目を細めている。

 第1号の赤ちゃんには、その年ゆかりの名を付ける。今年は3月のワシントン条約締約国会議で議題となったクロマグロ禁輸案否決から取った。昨年は野球のWBCにちなんだ「レンパ」。

 5子を育てた母親「ピアス」(推定16歳)から離れまいと、しがみつくクロマグロ。スタッフが紹介すると、来園客は盛んにシャッターを切り、注目度はクロマグロ並みだが、ちと呼びにくい?【佐野優】

【関連ニュース】
クロマグロ:全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など
クロマグロ:保護と消費の両立課題に…禁輸否決
クロマグロ:禁輸案否決が確定へ EU修正案提出せず
クロマグロ:「資源管理に取り組む」赤松農相
クロマグロ:「よかった」禁輸否決に首相

都心で41年ぶりの遅い雪 千葉では記録更新(産経新聞)
高齢者の買い物支援で企業の経費を助成―秋田県(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で(毎日新聞)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
【注目ワードコラム】千原ジュニアが伝授する、渋滞回避の方法とは

0歳長男の頭を蛇口にぶつける 虐待容疑で父親逮捕 (産経新聞)

 生後6カ月の長男に暴行を加え、重傷を負わせたとして、大阪府警四条畷署は12日、大阪府大東市北条のとび職、木邨諒容疑者(21)を逮捕、送検したと発表した。

 送検容疑は昨年11月上旬から今年1月24日までの間、自宅マンションで、長男の頭部を水道の蛇口にぶつけるなどの暴行を加え、くも膜下出血などのけがをさせたとしている。長男は全治1カ月だが、命に別状はない。

 府警によると、木村容疑者は「育て方が分からず、意味もなく泣くのでイライラしてやった。手で叩いたりもした。11月ごろにもやった」などと供述。長男の顔や体には複数のあざがあり、府警は木村容疑者の虐待が常態化していた可能性もあるとみて調べている。

 木邨容疑者と妻(21)らが1月24日午前、長男を大阪市内の病院に連れて行き、あざに気づいた病院が大阪府中央子ども家庭センター(児童相談所)に連絡。センターが長男を保護し、3月に四条畷署に通報していた。木邨容疑者宅は、両親と長男の3人暮らしという。

【関連記事】
寝屋川女児虐待死 頭、全身に無数の傷跡 父“しつけ”認める
40人以上の女児にワイセツ…英会話教師の手口
娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望
幼児を風呂場に放置し、死なせた男に懲役2年6月 静岡地裁
暴力行為増加、家庭教育に「格差」の影

<黄元書記>「拉致知らなかった」「元党幹部として反省」(毎日新聞)
<強風>交通機関乱れる、30万人の足直撃 関東地方(毎日新聞)
iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)
マンション火災、重体の父死亡=川崎(時事通信)
遠隔画像診断で医療連携推進を―医学放射線学会シンポ(医療介護CBニュース)

「荒川決壊なら死者3500人」(産経新聞)

 政府の中央防災会議専門調査会の秋草直之座長(富士通取締役相談役)は2日、利根川、荒川の洪水により首都圏で想定される被害と対策を盛り込んだ報告書を中井洽防災担当相に提出した。地下鉄や地下街が浸水し被害が拡大するのを防ぐため、自治体や鉄道、ビルの管理者らで協議会を設置、浸水対策を強化するよう求めたのが特徴だ。

 報告書は、荒川の堤防決壊による死者は最悪で3500人と想定。東京都北区で決壊した場合は、下流の台東区など51万世帯が浸水すると分析した。

10年後の債務残高比率を重視=財政再建で論点整理へ-国家戦略室(時事通信)
足利事件検証報告書 思い込み…失態重ね 再発防止、心理学専門家の助言も(産経新聞)
シー・シェパード元船長起訴 危険行為に強い姿勢 検察側、外交切り離し捜査(産経新聞)
大手町駅ホームで突き落とし(産経新聞)
<フロアマット>「全天候型」16車種でアクセルに接触(毎日新聞)
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ふじさきとしみつ

Author:ふじさきとしみつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。